目を酷使していれば若くてもでてくる現象|老眼の改善法を紹介

ライフスタイルの為に

眼鏡

40歳を過ぎると、近くの文字がぼやけて見えるようになってきます。目の中の水晶体を調節できなくなるのが原因で、これが老眼の正体です。老眼を自覚するようになりましたら、まずは眼科へ行き検査を受けましょう。別の病気が潜んでいる可能性があるからです。また、老眼鏡があれば今の生活の質を落とさずに暮らせます。

もっと見る

目も衰えます

目元

老眼は目の衰えといわれており、加齢と共に視力が低下する現象です。なるべく視力低下を抑えることができるようにするためには、目の運動を行い、目に良い栄養素を取り入れ、ちゃんと休ませることで抑えることができます。

もっと見る

目の老化を防ぐには

目元を触る女性

目の筋肉をトレーニング

老眼は目の老化現象で、早い人では30代の半ばごろから症状があらわれます。平均すると、おおむね45歳前後には多くの人が自覚症状を感じると言われています。目にはレンズの役目を果たす水晶体という組織がありますが、この水晶体は物体までの距離に応じて厚みを変えることでピントを合わせています。しかし加齢によって筋肉が衰えるとこの調節がうまく行かなくなり、物がぼやけて見えたりするようになります。これが老眼です。年齢を元に戻すことができない以上、老眼もまた防ぐことはできません。ただ、パソコンやスマホを操作する時はこまめに休息をとるなど、目を酷使しないように気をつければある程度は進行を食い止めることができます。また、手や足の筋肉を鍛えれば体力が回復するように、目の筋肉をトレーニングすることで症状の改善が期待できます。老眼を改善するのに有効な方法の1つは、ストレッチです。まず、目を5秒ほど強く閉じた後にパッと開き、顔を動かさずに目だけを右回り、左回りにぐるぐると動かします。これを2〜3分続けると、目の筋肉がほぐれてきます。また、目の調節機能をトレーニングするやり方もあります。まず目の前10〜15センチメートルほどのところに鉛筆などを立て、その先にピントを合わせて見ます。指を立てて指先を見つめても構いません。また、ピントが完全に合わなくても気にすることはありません。次に、鉛筆や指先と同一線上にあるできるだけ遠い物にピントを合わせて見ます。これを1秒間隔で20回、毎日4セット繰り返します。

早めの対策が大事です

ウーマン

老眼は40代を過ぎたころに現れる症状であり、主に小さい文字が見えなかったり、暗いところだと周りが見えにくいといった症状が現れます。そのため、早めの対処が必要となるのです。対処法には、長時間パソコンやスマートフォンを使用しないことや老眼鏡を使用することなどが挙げられます。

もっと見る

To Top