目を酷使していれば若くてもでてくる現象|老眼の改善法を紹介

目も衰えます

目元

視力を低下させないこと

人間は加齢と共に身体も衰えていきます。年齢が若いころは速く走ることができても、加齢と共に筋肉も衰え、若い年齢のときのように速く走ることはできなくなります。たとえある程度筋力を維持しても、若い年齢の身体のようにはいかないものです。視力も同じことが言えまして、老眼は加齢と共に衰える視力低下です。目の水晶体の機能が衰えていき、近くのものが見えづらくなっていきます。老眼になってしまえば眼科である程度治療できる方法はあるといいますが、自然治癒で治していくことはほとんどできないといわれています。しかし予防することは可能です。老眼は早ければ40代から始まってくる人もいます。早い年齢で進行させるのを抑え、視力が低下しないようにするためには、目に負担をかけずに目の運動を行い、目に良い栄養素を摂取しながら休むときはしっかり休むことです。目の運動には最近3Dアートという目の筋力を鍛えることができるものがあります。そのほかきれいな景色を眺めるのも、老眼を防ぐ方法に良いといいます。そして目に良い栄養素といえば、アントシアニンが含まれるブルーベリーや黒豆のほか、コンドロイチンが含まれるオクラや納豆、ルテインが含まれるほうれん草やブロッコリーが良いといいます。目は物を見るために必要とする一生ものの部位なので、なるべく視力を低下させないように普段から目を鍛え、休ませていくことが視力を維持するための基本となっていきます。

To Top