目を酷使していれば若くてもでてくる現象|老眼の改善法を紹介

ライフスタイルの為に

眼鏡

自覚したらやるべき事

40歳を過ぎてくると無意識にやってしまう行動のひとつに、文字を読む時に身体を動かしてピントを合わせようとしていることがあります。今までは真近で見えていた文字が、ぼやけて見えずらくなる現象が、即ち老眼といわれているものです。目の中にはカメラのレンズのような役割をする水晶体があり、周りの筋肉を使って厚みを変えることでピントを合わせています。しかし、年齢を重ねてくると筋肉が衰えていくため、上手く水晶体を調節することができなくなり、見えずらくなるのです。老眼は誰でも避けては通れない老化現象なので、基本的には治療をするものではありませんが、日常生活に支障が出るほどになれば、対策を施さなくてはなりません。老眼の対策としては、まずは眼科へ行き、きちんと目の検査を受けることです。老眼だと思っていたら、別の病気が潜んでいる場合があるからです。問題がなければ、検査の結果を持って老眼鏡を作ってもらいます。老眼鏡にもタイプがあり、必ず自分の目にあったものでなければ、かえって症状を重症化させてしまいます。また、生活の場に関わる照明の明るさなどもチェックしておきましょう。照明から入る光の強さも、意外と目に負担をかけているものです。目の周りの筋肉をほぐすことで、水晶体の調節力を下げないようにすることも効果的です。そのため、目を酷使させないように長時間の使用は避け、定期的に休ませてあげるようにしましょう。他にも、老眼を進行させないための方法は数多く存在します。現在はネットなどでも簡単に調べることが可能であるため、気になる場合は一度調べてみるとよいでしょう。

To Top