目を酷使していれば若くてもでてくる現象|老眼の改善法を紹介

早めの対策が大事です

ウーマン

認めたくないが誰でも同じ

おおむね、40代を過ぎる頃から小さい文字が見えにくい、暗くなると周りが見えにくいなどの症状が出るのが老眼です。初めは自分が老眼だとは思いたくない為、疲れ目だろうと放置してしまいがちですがこれは、目のピント調整が衰える事により進む老化現象のひとつです。老眼と言うと遠くは良く見え、近くないと考えがちですが実はピント合わせが弱くなるので遠くも今までのようには見えなくなっているのです。誰でも時期は違っても必ず老眼にはなるのですが、気づいた時に早めに対処をすることで進行を遅くする事は可能です。まずはパソコンやスマートホンなどを見る時間を出来るだけ減らす事です。最近ではスマートフォンの普及で若い人でも老眼になる事もあります。また老眼鏡をかけると一気に老けた感じになる為見えづらいのに我慢してしまうと、眼精疲労を引き起こし更に老眼を進めてしまう結果になってしまいます。そのため適切な度数の老眼鏡を使う事が大事です。無理をしたままでいると、肩こりや頭痛吐き気の原因にもなります。老眼の進行をなるべく贈らせるためには、こまめに目を休める事とアントシアンなどが含まれているブルーベリーサプリなどを使いましょう。また、立体画像などを眺めたり、目の体操やツボマッサージをしたり、目を蒸しタオルなどで温めるのも周りの筋肉がほぐれる事で、全身の血行も良くなるので疲れ目に効果的です。眼鏡を使っている人は早めに遠近両用レンズを検討しましょう。

To Top